子供に小学校受験をさせようと思っている親御さんの中には、そのために塾に通わせようと思っている人もいるかもしれません。小学校受験をするにあたって、塾に通わせる必要があるかどうかですが、通わせることができるのであれば通わせたほうがいいでしょう。塾に通わせる必要性について検証する前に、小学校受験は中学以降の受験と異なる点を理解しましょう。中学以降はいわゆる学力について考査する試験が主流です。しかし小学校の場合、勉強の能力をそこまで重視しません。むしろしつけや指示行動、団体行動、面接試験を重視する傾向があります。もし家庭でこのような対策を常日頃から行っているのであれば、別に塾に通わせる必要はないかもしれません。しかしそのような家庭はあまり多くないでしょう。そうなると専門的なことを学ばせるためには、塾に通わせたほうがいいとなります。

塾ではどのような対策をしているか?

では塾でどのようなことを勉強するかですが、まず面接の練習を行っています。小学校では面接試験があって、どのような受け応えをすればいいかなどのノウハウを持った塾に通えば、テクニックを身に着けられます。また小学校の試験では、集団行動を見るという項目があります。集団の中でどのように行動するかについても、授業で身に着けさせることも可能です。そのほかにも学力試験はありますので、そのための基礎学習のカリキュラムも用意しています。また塾に通わせている親御さんは、もちろん小学校の入試情報を自分で収集している人も多いです。それぞれの情報を持ち寄って意見交換する機会もあります。試験対策をするという意味では、この情報交換できるところも塾に通わせるメリットといえるでしょう。

塾選びの基本的なポイントとは?

小学校の入試対策をしている塾は、日本全国にたくさんあります。この中でどの塾に子供を通わせるかを考える際に重要なのは、下見をすることです。インターネットなどを見てみると口コミサイトなどもしばしばみられます。その中で評判のいい塾がいくつかありますが、その塾が自分たちの子供にとってもベストとは限りません。場の雰囲気や先生・生徒との相性の良し悪しは口コミでは推し量れないからです。ですから実際に塾に行ってみて、自分の子供がなじめそうかどうかを慎重に判断しましょう。塾の中には、無料で授業体験できるところもあります。授業体験はどんどんさせてみて、子供が楽しそうにしているかどうかチェックしてみるのもおすすめです。

小学校受験は、詰め込み式やスパルタでは合格出来ません。 想像力、体験力、自助力を養う教育で子どもたちを合格へ導きます。 伸芽会は、受験した子どもからの情報をもとに過去問題集を制作しています。 幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 乳幼児期の脳への刺激が脳の働きに影響を与えると言われています。 小学校受験は伝統と実績の伸芽会へ