Home > 小学校受験で重視される行動観察

小学校受験で重視される行動観察

小学校受験の中でも最近重視されている科目の一つに、行動観察があります。少子化と呼ばれて久しいですが、その関係でほかの子供たちと一緒になって遊ぶことのできない子供が増えてきているといわれています。そこでほかの子供と良好な関係性が構築できるかどうか、行動観察でチェックしているのです。行動観察の中で、協調性や自主性、ほかの子供たちともすぐに打ち解けられるような社交性を持っているかどうかを学校はチェックしています。子供がもともと持っている能力・個性は、なかなか筆記試験では判断できません。子供の芯の能力を見極めるために、行動観察を重視している学校は増えてきています。行動観察の試験では、簡単な遊びや食事、共同制作などを科すことが多いです。

自由遊びが重視されている?

行動観察の中で、特に学校側が重視する傾向のあるといわれているのが自由遊びです。例えばすごろくやドミノなどで遊ばせます。そして自由遊びの時間が終わったところで、片づけをするように指示をします。この時ほかの子供たちと連携して、てきぱきと後片付けができるかどうかを見ています。そのほかにも、上級生と一緒に絵本をよくとか、折り紙をして過ごしている様子を観察している学校もあります。行動観察することで、協調性や自主性、創造力、表現力、コミュニケーションスキル、しつけといったいろいろなことをチェックできます。最近の小学校受験の傾向として、ペーパー試験よりもこのような行動観察の評価を重視しているところが多いです。

行動観察の授業で定評のある塾を探そう

行動観察対策をするために塾に通わせたいと思っているのであれば、マニュアル学習をしていないところを探しましょう。塾の中には、マニュアルを学ばせるような行動観察対策をしているところも見られます。しかしペーパー試験のように模範解答を出せば合格できるという簡単なものではありません。むしろマニュアル通りの解答をしてしまうと、学校は違和感を抱く可能性が高いです。その結果、マイナス評価になって合格から遠ざかってしまう結果にもつながりかねません。学校はしつけや自主性、マナーなどが付け焼刃ではなく本当に子供に身についているかチェックするために行動観察の試験を実施しています。そこでマニュアル通りの詰め込み型の試験対策を実施していないかどうか、塾選びをする際にはチェックしてみるといいでしょう。