Home > 小学校受験対策塾の選び方は実績重視

小学校受験対策塾の選び方は実績重視

小学校受験させたいと思っている親御さんの中には、受験対策をしてくれる塾に子供を通わせようと思っている人もいるでしょう。インターネットなどで調べてみるとわかるはずですが、実にいろいろな塾が現在運営されています。その中でどこに子供を通わせればいいのか、判断に迷うという人もいるでしょう。その場合、塾選びのポイントとして過去の実績について情報公開しているところで絞り込みを進めるのがおすすめです。今までに多くの子供たちを有名小学校に入れている実績のある所は、小学校受験に関するノウハウを豊富に持っていることが推測できます。そのほかにも料金や授業内容などについても積極的に情報開示している塾のほうが、安心して子供を通わせることができるでしょう。大手の塾から小規模の塾もあります。小規模の塾の中でも、情報力は大手にはかなわないもののアットホームで子供が通いやすい塾運営を目指しているところもあります。一概に規模の大きい小さいでその塾の能力は判断できません。

受験のための準備期間はどうすべき?

塾に通わせるにあたって、どのタイミングで入れるかも親御さんが頭を悩ませるポイントの一つかもしれません。小学校入試させた親御さんにアンケートをとってみると、だいたい試験対策期間として1年前後準備したというケースが多いです。中にはそれ以上の時間をかけて子供に準備させた親御さんもいますが、その多くは「1年もあれば準備は十分」という意見を寄せています。ただしこれが一概には言えません。子供によっていろいろとタイプは異なります。ゆっくりと長い時間をかけてコツコツ勉強するのが得意な子供もいますし、短期集中だと能力を発揮するけれども長時間かけると逆にダラダラしてしまう子供もいるでしょう。自分の子供の特性を理解して、どの程度の準備期間を設けるべきか判断しましょう。

塾は平日のみ通わせることも重要

時間をかければかけるほど、学力がつくと思っている親御さんもいるかもしれません。しかし勉強することももちろん大事ですが、一方で息抜きを与えることも欠かせません。ですから平日塾に子供を通わせているのであれば、土日はゆっくりと休める時間に充てたほうがいいでしょう。このようなメリハリをつけることで、子供たちも気分転換ができます。土日休みという親御さんも多いでしょうから、一緒になって遊ぶ時間に使ってみることです。子供が学校に入ると、なかなか交流できる自由な時間を確保しにくくなります。親子で一緒のことを体験するのも、子供の情操教育上プラスになるはずです。